スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  本当の鍵はただひとつ  
2006.05.07.Sun / 16:40 
∇やってくれましたね低気圧さん…
 よくも私の食後のバランスボール運動を邪魔をしてくれました…
 昨夜から雨足が強まってるというのは知っていましたが、これはちょっと意外でしたよ…
 それにしても、苦手な腹筋を鍛えているところで落雷とは…
 あまりの轟音にビックリして転倒。ドアへ向かってヘッドスライディング…
 この歳になって家族に指を指されて笑われるとは思ってもいませんでした…
 ゆ、ゆるさん…
 絶対にゆるさんぞ!!



∇風邪は鼻声が残るものの、すっかり回復しました。
 あ~昨日飲みに行った皆は、どれだけ盛り上ったんだろう?さぞ楽しかったろうなァ。
 でもね…その中の誰一人、電話もメールも無いってど、どういう事?
 確かに”来れなかった子にお見舞いじみた電話はかえって気を遣わせちゃう”
 みたいな彼らなりの優しさかもしれない。
 
 だがしかし、彼らとは高校生活の3年間、同じ釜の飯を食い合った仲じゃない?
 もう少し、私のことを知っててくれてもバチは当たらないぞ^^
 私は、見かけ以上に何て言うかなァ…その…
 
 寂しがり屋なんだよッ!ぶっちゃけ。
 というワケで次回からは宜しくお願いしますね。もうバツゲームとかでもいいからッ!



∇さようならゲオ。
 こんにちはTSUTAYA。

∇ここ最近、TSUTAYAカードを新調致しまして。
 クレジット付いてる方!使う気はあまり起きませんが、いざという時の為に。
 いや、むしろ更新永年無料毎週火曜はレンタル半額のオプションに惹かれた。
 もう財布は落とさないぞー。

∇追記には、鑑賞したものについて書き込んでいこうと思います。
 あ、その前に一言。未だにピンクカーテンを突破できません




∇まず、最初に借りたのが”マイライフアズ・ア・ドッグ”(1985年/スェーデン)

主人公イングマルとその愛犬シッカン

∇借りたきっかけは講義中の教授の話。
 広告学で何で映画の話題になったのかまでは覚えていませんが、
 “人工衛星で死んだライカ犬より僕はまだ幸せだ”
 この言葉に興味を惹き立てられたのです。

∇ソ連生まれの小さなメスのライカ犬。
 名前は”クドリャフカ”(「巻き毛」と意味)
 クドリャクカ  FLASHはこちら

∇実験動物として、
 数日の食料と水を乗せ、
 体中にデータ収集用の機器を取り付けられ、
 片道切符の宇宙の旅へ出た一匹の犬の物語…
 
 だと思い込んで借りたのがいけなかった。

∇ストーリー
 “人工衛星で死んだライカ犬より僕はまだ幸せだ”
 満天の星を見上げながらつぶやく12才の少年イングマル。
 50年代末のスウェーデンの小さな町を舞台に、
 人々との出会いを通して成長していく彼の姿をユーモア豊かに描く珠玉の物語。
 ラッセ・ハルストレムの名を世界に知らしめた秀作。

∇感動モノかと思いきや、クスッと笑わせるユーモア重視の作品でした。
 スタッフロールが流れ始めた瞬間 Σ(・。・)えっ!終わりかい!と声出してツッコミましたし。
 何やこれはー全ッ然、頭に残らんわァとか思っていましたが、、、ん~^^;
                                          評価★★☆☆☆(2.0)




∇続いて今週は”Dr.コトー診療所2004前編/後編”の2本をレンタル。
 今年の3月頃にドラマの再放送していたのを、茶の間で母と号泣しながら観たものです。
 その特別編にあたるのが今回レンタルした2本です。
 2本合わせて400分の大ボリューム。
 ストーリー等は、こちらのレビューを参考にしてください。
 

∇昌代さんが術後、リハビリ中にノートに書いた”死にたい”
 
∇また、神戸の病院へ移りたいか、この島に残りたいか、という質問に対する彼女の答え。

∇剛利が息子・剛洋から送られたタオルを受け取った時。

 この3場面は、もう涙が止まりませんでした。
 
∇Dr.コトーはマンガも持ってます!
 1巻と2巻だけですけどね!(現在の最新刊は18巻)
 これをきっかけに集めてみようと思います。
 
 上で紹介したレビューにも書かれているように、
 この作品は”第二の北の国から”と言っても過言ではないでしょう。
 2006、2007…と続編を期待せずにはいられない、そんな作品でございました。
                                         評価★★★★*(4.5)




∇以上の映画(ドラマ)レビューは、
 私個人の好み、その日の気分、独断と偏見で書いたものです。
 ”あの名作に酷評付けよって!”とか”お前は、おすぎ気取りか?おめでてーな!”
 など言いたい事は多々あるでしょうが、どうか心の中に留めて置いて頂ければ幸いです。

∇また、コレ、オススメという作品があれば足跡代わりにコメント欄へお願いします。
 厳選なる抽選(私の好みによる)で千切っては投げ、千切っては投げ…
 その結果、選ばれた作品をチョイスして、
それらを鑑賞していきたいと思います。


スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
No.8 / 駄文 /  COMMENTS(1)  /  TRACKBACKS(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from ゲストさん -
2008.10.02.Thu / 04:03 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

プロフィール

小倉 飛鳥

Author:小倉 飛鳥
21歳/♂
大学生/だいぶアホ

おぐらだより。

ゲスト

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

明日のお天気


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

最近のトラックバック

CopyRight 2006 誰が小倉かッ All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。