スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
2005.12.02.Fri / 20:38 
お久しぶりです、こんにちは。

特に忙しかったワケではありません。
勉強してたワケでもありません。
恋をしたワケでもありません。

じゃあ何してたの?…(゚Д゚)シラネーヨ、俺が知りたいよ。
一寸先はニートかもしれないヤツの自己満足なチラシの裏でよろしければ、これからもお願いしますね^-^

熱くなり易く、冷め易い、そして狭く浅く。
引越して心機一転。

それでは日記再開です。
授業中、友達からチャンピオンが回ってきたのですよ。あのバキとかバキとかバキとかが載ってる週刊誌ね。
チャンピオンといえば浦安鉄筋家族ぐらいしか知らないのですが、あぁ、あとバキとかね。ちょうどツマラン授業だったので、つい読み耽ってしまったのです。
その中に個人的にですが衝撃を受けた作品があったので、それを頼りにお話しようかと

そのマンガは昔のジャンプでいう”ジョジョ”のポジションに描かれていて”ゆび”というタイトルでした。
うん、”ゆび”ね。シンプルなタイトルですね。パッと見”小さい男の子やら女の子やらが指切りするだの心温まるハートフルストーリー”って印象受けますね。
実際は、全然ちゃうかったです。。。


今週号のみしか読んでないので、あまりストーリーを掴めていないのですが、あらすじをば。
現代に突如、人間の手の指の形をしたアンノウン「ゆび」が現れて、次々に人々に襲い掛かるというものです。
指が一つ一つ知能を持っているかのように宙を彷徨い、この世のボタンというボタンを押しまくるわ、人を突き刺すわで街は地獄絵図のような状態になっているんですよ。

そんな世界で今週号は、高校生?大学生でしょうか、男女のカップルを視点にした”逃げて生き延びなくっちゃ><”な感じで物語の幕が開きました。
警察も効力を失って平和な日本もスラム化。街の至る所に”ゆび”に殺された人々が転がっています。

生き延びるためにはまず食料を確保しなければならないと、カップルは”ゆび”に脅えながらも歩き続け、ついにスーパーマーケットを発見。中に入って物色を始めるのですが、すでに店内は空っぽで男の子は脱力感に膝を落としました。すると奥からボリボリと何かを貪る音が聞こえたので男の子はそちらへ近づきます。
音の先には泣きながらドッグフードを食べる女の子の姿が(ノД`)
”おいしいか・・・?” ”ぐすっ…味なんかわかんないよ…”
飢える事は無くなった、生き延びるためならこんなモノでもと、ドッグフードを2,3袋カートに載せて店を後にしようと二人は出口へ向かいます。
長居は無用、ぐずぐずしてたら”ゆび”がやってくる。

出口に近づいた所で、女の子はお手洗いに行きたいと行って一人トイレに向かいます。
するとトイレに入ってしばらくしてから、女の子の叫び声が!セクハラ上等、命には代えられんと男の子は女子トイレへ。
中に入ると何と女の子が20体?20本ほどの”ゆび”に襲われていました。男の子は火事場の馬鹿力でこれを撃退。

”大丈夫!指は全部振り払ったから!もういないよ!” ”うぅ…こわかったよぉ!”
余りの恐怖で泣きじゃくる女の子を男の子は優しく抱き寄せます。
”君だけは守るから・・・!” ”うん、ありがと…”
見てるこっちが恥ずかしくなるようなシーンです。んー、ベタやけど良い展開じゃあありませんか。この二人なら生き延びて、きっといつの日か世界を救う事ができるでしょう。全米が感動し、それを信じたのは言うまでもありません。

しかし、つぎの瞬間、女の子の唇から”ニュルッ…”穴に塩を入れたらマテ貝さんこんにちは、の如く一本の”ゆび”が顔を出しました。
それを目の当たりにした男の子は真っ青になります。”これは嘘だ、悪夢だ、何かの間違えだ…”
男の子が現実逃避に走っている間に女の子の口からはもう何本の”ゆび”が吐き出されたでしょうか。”もうこの子は助からない”
男の子が我に返った刹那、女の子の体はスポポビッチの勢いで弾け飛んでしまいました。
再び現実逃避モードに突入。 どく>どくけしそう>どく みたいなモンです。もう立ち上がれません。

”全部、振り払ったはずなのに…”助けに行った時には、すでに彼女の体は”ゆび”に蝕まれていたのでしょう。
”守るっていったのに…”先ほど契りを交わした女の子は、もう肉塊と化してしまいました。
男の子は、”ゆび”に侵食され、薄れゆく意識の中で怒り、悲しみ、絶望の思いを込めて”なんなんだよ!お前らはあああっ!”
そう叫んで死にました。


私がかなり着色してしまった様もありますが、こんな感じでございます。
原作は、柴田よしき氏のホラー小説『ゆび』であります。彼のブログを拝見したところ”原作とはかなりかけ離れている”そうで。

この話に惹かれたのは、私が幼少の頃見た夢に非常に良く似ていたからです。
これによって負ったトラウマが引き起こしたアホなエピソードがあるのです、が、眠くなったので今日はここまで。
スポンサーサイト
No.1 / 駄文 /  COMMENTS(2)  /  TRACKBACKS(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from 在宅バイト -
お家での空いた時間に時給1万円の在宅バイトサービスをご紹介、女性とのメールをするだけで稼げます。少しの刺激が欲しい女性様達、毎日の退屈な時間に男性様が話相手になってくださるという事が凄くお気に入りなようです。興奮するお話やえっちなお話相手となり時給1万円を稼いでくださいませ
2008.11.24.Mon / 07:08 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from  -
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.12.25.Thu / 01:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

プロフィール

小倉 飛鳥

Author:小倉 飛鳥
21歳/♂
大学生/だいぶアホ

おぐらだより。

ゲスト

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

明日のお天気


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

最近のトラックバック

CopyRight 2006 誰が小倉かッ All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。